買い替えの検討

給湯器

給湯器の一般的な平均寿命は13年程度と言われています。もちろん13年たったら急に壊れるのではなく、10年程度で徐々に熱効率が悪くなっていきます。 10年たたずして給湯器に故障があると、修理をして使い続ける方も多いと思いますが、仮に修理をしても、寿命が近づけば、さらに他の箇所が悪くなったりして、さらに修理が必要になり、さらなるトラブルを生み出す危険性もあります。 そのため、給湯器に寿命が近づき、故障等が起こった場合は、修理ではなく、給湯器の買い替えを検討した方が、寿命当たりのコストは低くなることも少なくないと考えられます。今後の給湯器の動向としては、寿命そのものにスポットを絞って、耐久型の給湯器の登場、あるいは、熱伝導にスポットを当て、ガス代の節約を謳う製品の登場が予測できます。

給湯器も他の機械同様寿命があります。毎日使う物だけにその摩耗具合も他の物より激しいかもしれません。 給湯器の寿命については、メーカーや機種、使用の仕方によってやや差はみられますが、だいたい10年から15年前後といわれています。 高価なこともあり、できれば給湯器は寿命ギリギリまで長く使いたいものですが、壊れるまで使うことはあまりすすめられません。 給湯器はある程度使っているうちに、内部の基盤や熱交換器などの性能が徐々に劣化していきます。 このため給湯器を寿命ぎりぎりまで使用することは、無駄に燃料を消費することになってしまいお金を余分に消費してしまうことにつながります。 こんなことにならないように、日頃から定期的にメンテナンスを受けておく癖をつけておき、些細な変化にも気がつくようにしておきたいものです。